2003年04月12日

夜桜と雅楽

20030413225856.jpg 城端に雅城会という雅楽をなさってる方々の集まりがあります。 結成してもう50年になるという歴史ある会なのですが、素晴らしいことに、世代交代が順調に進んでいます。 僕と同世代もしくはさらに若い方がいらっしゃるんです。
 今回「しだれ桜の下で雅楽を聞いてみたい」という無理なお願いを快く引き受けてくださいました、感謝。
 夜には雨も小降りになり、なかなか咲かなかったしだれ桜も見事に咲き、本当に情緒のある演奏会になりました。 来られた方は皆さん満足されたようです。 
 
 朝から強い風が吹き、雨も降り続いています。 残念ですが、花祭白象行進は中止となりました。 濡れることを覚悟して、ウールの縞の下にスタンドカラーのシャツを着込んだ金田一スタイルです。 足袋も穿かずに素足です。

 今日が待ちに待ったじょうはな織館の完成です。 ちらりと覗いてきましたが、素晴らしい施設です。 すでに織体験をなさってる方も居られました。
 店内では「しだれ桜のタペストリー」教室を開催しました。 悪天候にも関わらずキャンセルはゼロ。 飛び入り参加もあり、準備した材料がすべて無くなりました。 喜んでいただけたので良かったぁ…。

#なお雅城会ではさらにメンバーを募集していらっしゃいます。 あのすばらしい音色を御自分で奏でてみませんか?(写真をクリックすると拡大)


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。



posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。