2003年07月14日

氷見祇園祭

20030715190002.jpg お誘いを受けて氷見市の祇園祭見物に出かけました。 あんまり目立つのもどうかと考えて袴をやめて浴衣姿です。 でも角帯だけはこだわった結び方にしてみました。
 ヨソ様のお祭りをあまり見たことが無いので興味津々です。 氷見漁港に車を止めて市街地まで数分歩きます。 浴衣率が10%位だと聞いていたのに中高生の制服姿ばかり。 こりゃ大変なところに来てしまったぞぃと思ってましたが、暗くなるにつれ浴衣姿もチラホラと…。 でも大人が少ない…。 大人の女性の浴衣姿がとっても目立ってました。 男性は僕と若いアンちゃん達数人だけ、せっかくの夏祭りなんだけどなぁ…もっと着ましょうよ。
 ラブリー茶屋にて街角パフォーマンスを見ていたら、各町の山車(?)を見つけました。 太鼓を載せた台車の上に神木(?)をつけて提灯と行灯が灯ってます。 写真(クリックすると拡大)を見るとわかるように上に活きのいいアンちゃんが数人乗って盛り上がってます。 お宮さんの前に終結しケンカするのだそうです。 やっぱ漁師町、若いモンの祭ですね。
 御年配の方は何しているのかというと、絽の紋付き袴で神輿のお供をしてました。 これはこれで格好いいです。 残念ながら大きな曳山は見ることができませんでした。 夜は出ないのかな?


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。