2003年08月28日

染織はスローライフ

20030829141029.jpg セミナー2日目。 朝が早かったので「最前列で眠っちゃマズイ」と心配していたけど、各講義が面白くて寝るなんて勿体ない…。
 吉岡幸雄(さちお)さんは『古典に学ぶ日本の色』で「日本の染織とりわけ草木染めは飛鳥・天平時代に完成し、現在少しでも追いつこうと努力してる」と謙虚なことをおっしゃいます。 科学的分析をしても古代の経験や習熟に勝るものなし…ということでしょうか。 科学万能と考えられていた時代を過ぎて、人間も自然界の一員であることに気づいた方も多いです。 スローライフも同義でしょう。
 吉岡さんの共書「自然の色を染める 家庭でできる植物染」という本を購入しました。 これからいろいろなもので、ゆっくり染めてみます。
 今日も昨日と同じきものですが、半衿だけ縦縞に交換しました。 衿止めを忘れたので、京都市内で呉服店を探したのですが見つからない…。 結局大丸で買うハメに…。 そう考えると城端の呉服屋密度は凄いなぁ…。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。