2003年09月15日

敬老の日

19_1.jpg 今までは毎年9月15日が敬老の日で、同時に城端むぎや祭の日と決まっていました。 しかし、ハッピーマンデーという訳の分からない理由により、祝日の敬老の日は9月の第3月曜日に変更(2003年は9/15)されてしまいました。 成人の日の時も感じたのですが、この祝日の変更ってとても身勝手だと思いませんか?祝日の意義を薄めてしまってます。
 子どもたちが95歳の祖母のために、おこづかいを出し合って好物のイチジクをプレゼントしました。 思いやりのある子どもたちに育ちつつあるので、本当に嬉しいです。
 月曜日は休日なのですが、きょうが祭だと勘違いなさってる観光の方も多いと予想され、商店街有志で申し合わせて店を開けました。 祭が終わっていて、さらにシャッターが閉まっていたらショックですからね。
 きょうは深緑のcosaシルクに薄グレーの織の半衿。 黒の裂き織りの角帯に、焦げ茶の無地木綿袴です。



posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。