2003年10月07日

城端絹と伊勢型紙

41_1.jpg 明日から古裂三昧(こぎれざんまい)です。 一年に一度だけアンティークきものや帯を大放出します。 ファンも多く、この会を楽しみにしてくださってる方も沢山いらっしゃいます。
 今回は「城端絹と伊勢型紙展」を同時開催します。 城端は絹織物の産地として知られています。羽二重を中心に絽や紗も織っていた時代があり、紗は小紋染の型紙の補強用にも使われました。
 型紙のほとんどは伊勢(現在の鈴鹿市)で彫られます。美濃和紙を縦目横目交互に3〜4枚柿渋にて張り合わせます(柿渋は防水と紙を強くする効果があります)、鋭利な刃物で「錐彫」「突彫」「引彫」「道具彫」して型をつくり、最後に目の粗い紗(釣地)を張って補強します。
 今回城端→伊勢→京都と産地を流れていった紗入りの様々な模様の伊勢型紙25枚を展示します。 里帰りした城端絹をご覧ください。
 なお会期は古裂三昧同様10/14(火)までとなります。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。