2003年11月04日

城端蒔絵のかんざし

69_1.jpg 城端塗りの小原さんに頼んでおいた簪(かんざし)と髪どめができ上がってきました。 イチョウの木に何度も漆を塗り、最後にまき絵をほどこしたものです。 写真をご覧ください(クリックすると拡大) 上より時計回りに「水波」「トンボ」「蝶」「光」の四つの作品です。 店内にありますのでいつでもご覧戴けます。 軽くて強くて美しいですよ。
 今日は茶縞のウールに焦げ茶の半衿、薄い木綿袴に茶色の足袋です。 北風が吹くので寒かったぁ…。 襟元になにか一枚欲しいくらいです。
 明日は京都。 晴れると良いなぁ…。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。