2003年11月09日

お茶の袋もの

74_1.jpg 復刻正絹名物裂を扱っていますが、この裂地を利用して仕覆を作ってみては…と思い「お茶の袋もの(永井百合子著)」という本を買ってきました。 無料で貸し出していますので遠慮なくお申し出ください。
 帛紗や懐紙挟み、茶入れなど自分で作れるとお茶の楽しみも増しますね。
【復刻正絹名物裂】http://www.craft-ran.com/meibutsu/index.html

 きょうは厚手の木綿に焦げ茶の木綿袴。 同色の半衿に、兵児帯で気軽に。 寒くなってきたので、3/28の日記に書いた備長炭入りの肌襦袢を着込んでいます。
 新しい木綿袴が仕立上がってきました。 ちょっと工夫を加えているので履き心地が楽しみです。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。