2003年12月13日

『冬のかざりもの』展

111_1.jpg 城端織館で『冬のかざりもの』展が始まりました(1/12迄) 手織りのクリスマスツリーやバテンレースの額作品、古布の手作りリース。 またお正月の縁起物として干支の置物に熊手、絹織物の色紙掛など総点数70点を陳列しています。 ちょっと覗いてきましたが、とても楽しい雰囲気になってました。
【城端織館】http://www1.tst.ne.jp/ori/

 今日は珍しく袴を外した着流しです。 落ち着いたグレー系の木綿の袷に、茶の半衿、渋い灰色の裂織角帯をへたれ結びにして、足元はコーヒーブラウンに染めた足袋。 襟元は茶色のざっくり織ったショールに、茶系ウールの撫松庵の八分丈のコートを羽織りました。 コートの評判は上々で、このコートを着たいがためにわざわざ着流しにしたくらいです。


posted by きよべ at 00:00| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。