2004年01月16日

雪の別院

150_1.jpg 待ち時間があったので丸谷才一の「輝く日の宮」を読み始めます。
 かいつまんで言うと、源氏物語に隠された一帖があった…という小説です。 これが知的好奇心を刺激し面白くってやめられません。結局最後まで読んでしまいました。
 特に前半、奥の細道のくだりまでがテンポも良く話が練られていて秀逸です。でも「女ざかり」にも感じたんですが、後半息切れしてるかなぁ。 …って、当代きっての大作家に向かってなんてこと言うんでしょう(笑) 単に僕が源氏物語に興味がないせいか?

 今日は先染木綿の袷にし、半衿はくすんだクリーム色、角帯は辛子色で袴は茶の帆布にしました。 この姿で小説読んでると、京極夏彦を意識してるみたいでイヤだなぁ(笑)

 写真は別院の鐘つき堂。 シンプルだけれども美しいと思いませんか? ここについて書きたいことがたくさんあるのですが、また別の機会にします。 (クリックすると拡大します)

人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。




posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。