2004年01月26日

THE TAP SHOW Shoes On !

160_1.jpg 月に一度は非日常体験をすべく演劇なんぞを見ています。

 え?アンタはいっつもきもの着ているから現実離れしてるって?
 う〜ん…でもきものがフツーだったら非日常じゃないですから。


 というわけで県民会館で「Shoes On !5」を見てきました。
 タップが中心の唄と踊りのエンターテインメントです。
 出演は川平慈英さん、玉野和紀さんを含めた男女8名。
 みんな唄も踊りも笑顔も一流です。


 お客さんの入りが6割程度なのでちょっと不安でしたが、始まってしまえばそんな心配も何のその、大いに盛り上がりました。

 僕を含めてお客さんがみんなず〜っと笑顔なんです。
 ダンスの世界って奥が深いなぁ…。

 とにかくいいもの見せていただきました、爆笑につぐ爆笑で大満足の120分。

 富山でこんなショーを見られるとは思いませんでした。
 ただ県民会館大ホールは広すぎです、東京の拠点である銀座の博品館劇場でも381席しかないのに。
 しかもお尻が痛くなる椅子だし…ブツブツ


 晴れていたので別染めしたゴザ目の江戸小紋(昨年8/12と10/11の日記参照)を着ました。
 このきものに袖を通すのは昨年11/21の錦秋花形歌舞伎以来です。

 半衿はその時と同じですが、角帯はグレー地に節糸が入ったお洒落なものを変形へたれ結びにし、上に撫松庵の茶色のロングコートをさっと羽織りました。

 足元はコーヒーブラウンに染めた足袋に畳表の台に茶の鼻緒をすげた草履(裏は雪国仕様です)。



 会場には僕のほかにもうお一人きもの姿の方がいらっしゃいました。小紋羽織をお召しの御婦人です。

 演劇でもコンサートでも、カジュアルきものがもっと増えると、着てる本人も周りの人も楽しいのに…。


【TAP!たっぷ!タップ!】http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/6998/

【「和」のデータベース】http://www.craft-ran.com/wa/index.html




posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。