2004年04月21日

空想の町=城端

252_1.jpg252_2.jpg
 内藤洋子さんのエッセイ集「女のモノサシ」を一気に読みました。
 「城端しだれ桜まつり」に似顔絵作家である娘さんとお越しになったときに、まだ発刊前(4/17発行)のものを購入しておいたんです。

 内藤さんは昨年講演会でお越しになって以来、城端ファンになってくださり、エッセイにも「空想の町」とベタ褒めしてくださいました。 とっても気分がいいです。

「開運エッセイ」とサブタイトルがつけられてるように、読むと元気が出る本です、ひょっとすると良運が巡って来るかもしれないのでみなさん読んでみてください。 あ、ちゃんと買ってね(^^;


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

 朝からとてもいい天気です、が寒いので木綿の袷を着ます。 半衿は柿色、兵児帯にチャコールグレーの袴、グレーのタビに右近下駄。

 今日はおまけで、もう一枚。 砺波のチューリップ畑です。きれいでしたよ〜。 もうじきチューリップフェアですね。



ラベル:城端 内藤洋子
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。