2008年08月26日

Pablo Diego Jose Francisco de Paula Juan Nepomuceno Crispin Crispiniano de la Santisima Trinidad Ruiz Blasco Picasso y Lopez

1871_1.jpg

 高岡市美術館でピカソ展(9月7日まで)を見てきました。
 偶然チケットをいただくまで、開催してることすら僕は知らなかったのですが、高岡開町400年記念プレイベントの位置づけのせいか、市はかなりチカラを入れてるもようです。
 平日にもかかわらず、老若男女たくさんの人が列をなしていてビックリしました。


 今回はピカソの陶芸と晩年の素描を中心にしたコレクションで、あまり興味をそそられなかったので、列に並ばず飛ばし飛ばし見て回りました。
「ふ〜ん、これがピカソか」という感じです。


 しかし「腕を組む男」の前で足が止まりました。 これはいいですね。
 思わず自分への土産にクリアフォルダーを買っちゃいました。
 そうそう、展示室3のピカソが手がけたポスター類も秀逸で、見応えがありましたよ。

 きょうは紺のコサシルクに利休鼠の半衿、黒の角帯に灰黒の袴です。

 ちなみにタイトルはピカソの本名です。 長いですね〜。


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(1) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。