2008年10月29日

一つ身・四つ身・子どもの着物のあげ方法

1938_2.jpg 11月は七五三の季節です。 小さな子どもの健やかな成長を願うイベントです。 今年は上旬から三連休なので、たくさんのご家族が宮参りなさることでしょう。

 「子どもの着物を揚げしてほしい」と持ち込まれる方が増えてきました。 当店ではむろん快くお引き受けしておりますが、ご自宅でできるとなにかと都合がいいと思われますので『揚げの仕方』をアップしました(写真をクリックすると拡大)。
 図解で午前三時までかかった苦作です。 わかり易くしたつもりですが、意味不明のところがありましたら遠慮なくお尋ねください。
 意外と簡単で、そんなに手間はかかりません。 晴れの日、ぜひお子さんにきものを着せてあげてください。

【こども着物の肩あげ&腰あげ方法】http://www.craft-ran.com/wa/age.html
 きょうは茶縞の木綿に茶の半衿、芥子の角帯に焦茶の袴です。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

2009年度版システム手帳テンプレート

1936_1.jpg しょっちゅうパソコンを触ってるから、とうの昔に電子手帳を使ってると思ってる方も多いのですが、僕は未だに紙の手帳派です。
 すぐに書き込めることと、ざっと全てを一覧できることは手帳ならではの機能です。 マシントラブルで一瞬のうちにデータが消えてしまうことへの恐怖もあります。

 来年のスケジュールもそろそろ入ってきたので、2009年版スケジュール一覧表を自作しました。 エクセルのデータで、A4紙に両面プリントして使います。
 汎用のものを「和」のデータベース の『Tips知ってると便利なノウハウ集』にアップしましたので、よろしければご利用ください。 (作り方の詳細は2008年度版をご覧ください)

 きょうは生成りの揚柳木綿に茶の半衿、芥子の角帯に茶の袴です。


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

昔の羽織紐展

1923_1.jpg なんと彩菜まつりに先駆けて、10月24日から当店で「昔の羽織紐コレクション百本展」を開催(10/24〜11/ 09)するため準備をしています。
 母がコツコツ集めた昭和初期の羽織の紐をパネルに展示。 組み方もいろいろ、色も様々でかなり見応えがありますよ。 入場はもちろん無料です、フラリとお越しこしください。

 閉店後、城端中学校合唱コンクール「PTA合唱団」の練習に参加しました。 今年は定番「翼をください」と新曲「心の瞳」です。
 心の瞳は毎年三年生の自由曲に選ばれていたのですが、子ども唄わせるのがもったいないくらい良い曲なので(?)、我々が歌っちゃいます、気合いが入ってます。 乞うご期待!
 ・・・・と盛り上がるソプラノ&アルトパートに対して、男性パートの出席率の低いこと低いこと…。 大丈夫でしょうか?

 昨夜、録画しておいた「NHK全国学校音楽コンクール(合唱)高等学校の部」を見ました。 さすが高校の全国大会、レベルが違います。
 「なんでこんな難易度の高い曲ばっかり選ぶ?」と少し思ってもみますが、総じて高校生らしい歌声でホッとしました。 みんな表情がいいですね。

 きょうはグレー縞の片貝木綿にグレーの半衿、黒の角帯に灰黒の袴です。


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

脳と言霊

1910_1.jpg 息子の通う高校の創立110周年記念講演会の講師が脳科学者の茂木健一郎さんだというので、なんとか時間をやりくりして聴きに行きました。
 演題は「脳と人間」、高校生に語りかける柔軟でわかりやすいお話しでした。
 茂木さんのブログに講演がすべてアップされています、面白いので是非お聞きください。 聞き始めたら止まりません。
 高校時代にこんな話を聞けるなんていいですよね、素晴らしい人選でした。 僕らは故 瀬島龍三 氏だったからなぁ…。

 講演で、ここ数ヶ月考え続けていた「言霊(ことだま)とはなにか?」について重大なヒントをいただきました。 かなりワクワクしています。
 もう少し頭の中がクリアになったらどこかにアップします。

 昼食に念願だった吉宗のカレーうどん+ライスを食べることができました(写真)、まんぞく満腹。
 きょうは紺のコサシルクに立涌地紋水色の半衿、黒の角帯に灰黒の袴にグレーの足袋、対カレーうどん用のいでたちです。


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。