2008年12月24日

トゥルーティアーズ・フラワーカード

1994_1.jpg

 クリスマスイヴを意識したわけでもないのですが、true tearsフラワーカードが本日より発行されます。
 枚数(5,000枚)も発行店(75店舗)も多いので、ポスターの時のような混雑はなく、静かな滑り出しとなりました。
 それでも城端以外からわざわざお越しになった方もおられ、記念日の入ったカードをお土産になさったようです。

 地元中学生もいつもの店で発行されたカードを大切に持ち帰ってました。 カードとともに地元商店街を愛してくれてるようで嬉しいことです。
 じょうはなフラワーカードは地域密着型のカードです。 まず地元のお客様に愛されるカード会でなくてはなりません。
 いままであまりケアできなかった若年層にも気に入ってもらえたようで嬉しいです。

 またtrue tearsカードが全国にちらばることで、城端の名が広まることも期待しています。
 カード加盟店の店頭には写真手前のご案内、レジ横には奥のスタンド型POPがあります。 目印になさってください。

 きょうは茶縞のウールに黒タートル、黒の角帯に帆布の袴、ダカ織のストールに道服です。

posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

謎のソロバン

1986_1.jpg

  店に巨大な算盤があります。 ずいぶん前に母が中国で買ってきました。
 大きく重いので、ほとんど使う事はありません。 というか、どう使っていいかもわからないんです。

 写真をよくご覧ください。 上段に玉が2つ、下段に玉が5つあります。
 そうです、五つ玉ならぬ「15つ玉のそろばん」なのです。
 まさに珍品、中国四千年の神秘。 見る人触る人、みな首を傾げています。

 ホント、どうやってつかうんでしょう? ご存知の方がおられましたら、ご一報ください。
 まさか16進法ってことはないでしょうが…。

 きょうは白茶の木綿に赤茶の半衿、辛子の角帯に焦茶の袴です。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

true tearsカード発行

1981_1.jpg

 じょうはなフラワーカード会では、これまでの黄色いカードに加えて、新たに城端限定「true tearsカード」を12月24日から発行することになりました。

 カード会加盟店で買物をすると、ご希望の方にフラワーポイントともに進呈します。
 お買い物の際は「true tearsカードで」とお申し出ください。

 日付が印字されるので、冬の城端を訪れた記念になると思います。
注)生カードの販売はいたしません。

 地元の小中高生に城端のアニメ制作会社P.A.WORKSの認知が高まることも期待しています。
 僕でもサイフに入れておきたい仕上りになったので、喜んでもらえるのではないでしょうか?(写真は見本です、細部に変更があります)。

 きょうはグレーの伊勢木綿の下は黒の綿タートル、黒の角帯にチャコールグレーの綿袴、黒繻子の足袋です。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

しずくちゃんとつくばねさん

1980_1.jpg1980_2.jpg
  城端某所に謎の石像が設置されました。
「しずくちゃんとつくばねさん」です。

 商工会青年部が企画した「恋する城端」のイメージキャラクターなのです。
 目鼻が無いのは「イメージを自由に膨らませていただくため」
 将来は「"ひこにゃん"と同じく、ゆるキャラまつりにエントリー」と夢は大きく持ってます。

 さて、まずはこの像をみなさんに見つけ出していただかなくては…。
 ヒント…つくばね山の見えるところ。

 きょうは縞の木綿に焦げ茶の半衿、辛子の角帯に焦げ茶の袴、茶色の足袋にストールです。
タグ:恋する城端
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

日常見かける和文様 「紗綾形」

1973_1.jpg1973_2.jpg
  紗綾形(さやがた)は卍形を繋いで作られた幾何学文様で、地紋などに用いられます。 「遠山の金さん」のお白州のふすまにも使われてますね。

 先日意外なところで発見しました、NTTのマンホールのフタです。 シンプルですが、紗綾形には違い無い…。
 電電公社時代はズック底みたいな模様でしたが(右写真)、ちょっとあか抜けましたか。

 何気ない日常に和文様は潜んでいます(←大げさ)。 車を降りて歩いてみませんか?

 きょうは茶縞ウールに黄土色の半衿、辛子の角帯に帆布の袴、茶色の足袋に手染めのストールです。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。