2009年01月13日

城端から歌手デビュー

2015_1.jpg
 城端の若い女性が2月1日にCDデビューすることが決まりました。 林道美有紀さんです。
 幼い頃から民謡を習い、数々の賞に輝きながら歌手となる夢を持ち続けてきました。 今回、民謡ではなく、J-POP(?)でデビューします。 

 アルバム名にもなっている「ミチ」は道と未知をかけ、歩んできた道に対する感謝とこれから出会う未知に対する希望を歌います。 
 カップリングは「月と風」と「ガラスの翼」、計三曲入りで1,260円(税込)とお買い得感満載です。

 デモを聞かせていただきましたが、伸びやかな歌声とあいまって、林道さんの可能性を感じました。
 イマドキの若い歌手みたいに無理を重ねた声じゃないので安定感があるし、癒しモードに入れます。 息の長い歌手となりそうです、応援しなくっちゃ。

 「月と風」は「恋する城端」イメージソングともなってます。 試聴できますので、ぜひお聞きください。

 きょうは白茶厚手木綿に赤茶の半衿、辛子の角帯に焦茶の袴、茶色の足袋です。

posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(49) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

きものに負けぬには

2004_1.jpg
 初売り二日目。 あいかわらず小雪まじりのどんよりした天候です。
 「お正月に振袖を一度着てみたい」というお客様の着付けをいたしました。

 お求めいただいた振袖は無料で何度でも着付けをしています。 一度でも袖を通す回数を増やしていただきたいのです。 「きもの人口を増やしたい」のと、「何回も着る事で着慣れていただきたい」との願いからです。

 和装に限らず「衣服に着られている」姿がときどき見られます。 克服(←大げさですが)するには、なにより場数を踏むこと、そして自分らしさを損なわず自信を持って着ることが大切だと考えます。
 これに和装ならではの所作が伴えば完璧です。 成人式前にどんどん振袖を着ましょうよ。

 きよべは古典柄を中心に常に素敵な振袖を揃えています、気軽にひやかしていってください。
 また「他店様のカタログやパンフレットに掲載のふりそでもお取り寄せして現物をみていただくことが可能」です、遠慮なくお申し出ください。 むろん、取り寄せたからといってお客様に購入義務はありません。

 きょうはグレー木綿の袷にコゲ茶の半衿、黒の角帯に灰黒の袴。グレーの足袋にストールです。

 写真は昨日早朝の城端神明宮。 神々しいでしょ?


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。