2008年06月08日

いじめ 大人にできること

1790_1.jpg
 県Pの総会に先立って親子安全会の講演会がありました。
 講師は東京都児童相談センター 心理司の山脇由貴子さん。 「教室の悪魔」の著者です。
 タイトルは「現代のいじめ 〜今、大人に出来ること〜」

 中身が濃いのでウワズミだけ書き出します。
ーーーーーーーーーーーーーー
・いじめに関する本を書くきっかけは、報道が間違っているし、先生も事実を知らなかったから。
・本を読んであまりの凄惨さに40代以上の人は驚いたが、30代はさほどでもなく、20代に至っては「なんでこんなことで本になるの?」…と。 陰湿なイジメを当たり前のように思っている。
・それは多分、ケータイとインターネットで匿名性を手に入れた世代だから。

・「いじめとは集団ヒステリー」であり、ウィルスのように感染する。
・何も無い子が突如イジメられるのは、集団が均質化し、無個性化してるため。
ーーーーーーーーーーーーーー
 山脇さんは頭の回転の早い方で90分間弾丸のような早口で話しまくりました。
 内容については「教室の悪魔」を読んでいただいた方が伝わると思います。 ぜひご一読ください。

 大人になりたくない子どもが増えています。 自らの命を絶つ子どもさえも…。
 「大人が未来を悲観していると、子どもが未来を楽観できない」とは至言です。
 …となれば、我々大人にできることはたくさんあるハズです。
 相談に訪れる子どもが「山脇さんのような仕事がしたい」と憧れるのもうなずける、元気でカッコいい女性でした。

 余談ですが、山脇さんは一日一食野菜中心の食事なんだそうです。 それは仕事柄「ボーッとしちゃいけない」からだとか。 …いやホントにカッコイイ。

 サンシップのホールはほぼ満席、例年より女性が目立ちました。 また真剣にメモを取る人も多かったようです。 有意義な講演会となりました。

 きょうは黄色のコサシルクに生成りの半衿、辛子の夏角帯に薄緑の袴、白茶の足袋です。

最後に「我が子がイジメられているとき、これだけは知っておいてほしいこと」を列記しておきます。
=いじめ被害者の保護が最優先である=
・学校を休ませる(解決するまで)
・楽しいことをさせる(心に傷を負った子の治療環境づくり)
・親は子どもの許可無く学校に行かない(子どもとの信頼関係を壊さない)
・責任追及は後にして、まず解決を先に
・クラスだけじゃなく学校全体で取り組む(担任だけじゃなく、校長等も同席してもらう)
・事実を調査しない(どのみち真相はわからない)
・犯人探しをしない


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101739431

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。