2008年06月13日

袴党宣言

1796_1.jpg
 城端曳山祭は神迎えと巡礼の祭礼なので、男性は第一礼装、すなわち黒紋付に縞の袴を着用します。
 当店も当然のように縞の袴をたくさん常備しています。

 さらにきもの好きな男性向けに、準礼装の正絹無地袴も多色揃えています(写真をクリックすると拡大)。 きものとコーディネートできるように、お洒落な色がたくさんあります。
 これに自宅で洗濯できる木綿袴を加えると、無敵の袴軍団が結成されます。

 袴好きな男子のために(いや女子も)、「袴党」を立党します。
 手始めに時々更新しているブログを「袴党宣言!」と改名しました。
 現在、袴の良さやTipsをまとめています。 近々アップする予定ですので、興味のある方はご覧ください。

 きょうは緑のコサシルクの深緑の半衿、辛子の角帯に薄緑の草木染め袴です。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101739586

この記事へのトラックバック

着物の用語-袴/はかま
Excerpt: 腰から足まで覆うゆったりとした衣。 古墳時代にその原型が見られます。 現代ではマ...
Weblog: 京都きもの工房blog
Tracked: 2008-07-29 11:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。