2008年08月11日

池川はいま

1856_1.jpg 水害から2週間、あの日以降ほとんど雨が降りません。
「今度降る時はまたも集中豪雨になるのでは?」と恐ろしくなります。

 崩れた池川の河岸に土嚢を積んで応急処置をしました。
 本格的な護岸工事はまだ先になりそうです。


「池川ダムがあれば…」という意見もありますが、費用対効果を考えても、まず護岸工事が先でしょう。
 ダムだけ造っても、土がむき出しの川岸では浸食は止まりません。


 モーターパラグライダーで縄ヶ池上空を飛んだ方の話だと、「東山一帯は一時間に100ミリというレベルをはるかに超えて雨が降ったんじゃないか、というくらい崩れている」そうです。

 下界から見る限り、急斜面に植林した杉の木が根こそぎ流れ落ちたようです。
 この杉が橋脚にひっかかり附近が冠水しました。
 これがブナなど根をしっかり張る樹木だったらどうだったでしょう?
 また保水力のある広葉樹林でほんの30分でも水をためておければ(=時間差を作れれば)、あんな極端な増水はなかったでしょうに…。


 それと同時に、あの豪雨における城端ダムの効果について科学的に検証する必要があると考えます。

 安直にダムを造ろうとするのはやめていただきたい。
 100年に一度の水害に備えるならば、200年に一度の大地震にも備える必要があります。
 万に一つも池川ダムが決壊したら城端の東半分は流失します。


 一ヶ月ぶりの休みがとれました。
 次男と家でノンビリ遊んでいます。 ちょっとしあわせ。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。