2008年10月29日

一つ身・四つ身・子どもの着物のあげ方法

1938_2.jpg 11月は七五三の季節です。 小さな子どもの健やかな成長を願うイベントです。 今年は上旬から三連休なので、たくさんのご家族が宮参りなさることでしょう。

 「子どもの着物を揚げしてほしい」と持ち込まれる方が増えてきました。 当店ではむろん快くお引き受けしておりますが、ご自宅でできるとなにかと都合がいいと思われますので『揚げの仕方』をアップしました(写真をクリックすると拡大)。
 図解で午前三時までかかった苦作です。 わかり易くしたつもりですが、意味不明のところがありましたら遠慮なくお尋ねください。
 意外と簡単で、そんなに手間はかかりません。 晴れの日、ぜひお子さんにきものを着せてあげてください。

【こども着物の肩あげ&腰あげ方法】http://www.craft-ran.com/wa/age.html
 きょうは茶縞の木綿に茶の半衿、芥子の角帯に焦茶の袴です。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。