2008年11月29日

スクープ!?桜ヶ池湖底に古代遺跡?

1969_1.jpg1969_2.jpg と、とんでもないモノを発見してしまいました!

 桜ヶ池の湖底に古代人(ひょっとしたら宇宙人?)が遺したと思われる遺跡があったんです。
 左写真をご覧ください。 エントランス広場近くに池の中心に向かって一本の道があり、途中3つの同心円が刻まれています、まるでナスカの地上絵のように…。
 冬場の桜ヶ池は水位が下がります。 たぶんそれで人目に触れる事になったのだと思われます。

 意を決して現地に降り立ってみました。
 ギリシャのコロセウムのようにすり鉢状に刻まれた石段です(右写真をクリックすると拡大)。
 いったい誰が?いつの間に?何のために?こんなものを作ったのでしょうか?
 地元の方にインタビューしてみましたが「さぁ…」と口を濁すばかり…。
 ますます古代遺跡の可能性が高まってきました。 みなさんも是非ご自身の目でお確かめください。

 きょうはグレー木綿袷に焦茶の半衿、黒の角帯に帆布の袴です。
(注)桜ヶ池は昭和29年に完成した人造湖です。 念のため…。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111952234

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。