2008年12月16日

謎のソロバン

1986_1.jpg

  店に巨大な算盤があります。 ずいぶん前に母が中国で買ってきました。
 大きく重いので、ほとんど使う事はありません。 というか、どう使っていいかもわからないんです。

 写真をよくご覧ください。 上段に玉が2つ、下段に玉が5つあります。
 そうです、五つ玉ならぬ「15つ玉のそろばん」なのです。
 まさに珍品、中国四千年の神秘。 見る人触る人、みな首を傾げています。

 ホント、どうやってつかうんでしょう? ご存知の方がおられましたら、ご一報ください。
 まさか16進法ってことはないでしょうが…。

 きょうは白茶の木綿に赤茶の半衿、辛子の角帯に焦茶の袴です。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112687005

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。