2002年06月01日

島原の角屋(すみや)

20020602131509.jpg 西本願寺へ御参りに行った後、古い花街の島原へ行ってきました。由緒あるところですが、京都市内の西にあり、河原町などの繁華街から離れているため寂れたんだそうです。
 その島原の「角屋」という揚屋(あげや)を見せていただきました。揚屋というのは料亭みたいなところで、置屋と違い、芸妓は普段いません。宴会になったら派遣してもらうという、格式ある場所だそうです。
 部屋ひとつひとつの意匠が素晴らしく、こんなところでお酒が飲めたらなぁ…と(下戸なのに)考えてしまいました。特に2階が素晴らしい! 1時過ぎに行ったら、幸運にも30分からの案内に混ぜてもらえました。ラッキー!
 お寺の仏像も素晴らしかったけど、民間の角屋にはもっと感激しました。センスがいいってこんなことをいうんだなぁ…って。

 あ、仕事も忘れちゃいません(笑) きれいな小紋などいろいろ選んできました。 お楽しみに!



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。