2002年10月07日

城端「長唄と笛」演奏会

20021008161525.jpg 金戸の専徳寺で長唄と笛の演奏会がありました。 東京から一流の先生をお招きして、静かに演奏していただく趣向です。早いものでもう14回を迎えるそうです。
 唄;杵屋直吉 三味線;芳村伊十七、芳村伊十一郎 笛;中川義雄(畏れながら敬称略) 演目は長唄「吾妻八景」などです。
 伊十一郎先生には曳山祭の庵唄指導をいただいております。
 邦楽トップの演奏はかくも繊細で華麗なものかと感嘆して聴いてました。
 会場にはきもの姿の方もちらほら見えて、とてもいい雰囲気でしたよ。 もちろん僕も着物です。 自転車で行くために! 袴を着用していました。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。