2002年11月13日

着樂展

20021113101102.jpg 今日から着樂展(きらくてん)です。
 その名の通り気軽にきものを楽しんでもらおうという趣旨で、日本国内の片貝木綿、久留米かすり、インドの野蚕COSAシルク、バナラシ織物、ラオスのパークサン織、ネパールのダカ織、タイの野蚕、インドネシアのイカットなど…。 国内外のすてきな織物をきものや帯に仕立ちゃいます。
 染め柄ではいたやなおみコレクションのポリ&木綿のきもの…。 撫松庵などのプレタきものも。
 帯は「らくらく小町」仕立なららくちん。
 とにかくクリスマスパーティーにきものを着ちゃおう…という会です。 うまく揃えると5万円程度できものと帯が手にはいります。
 呉服のきよべと素材の蔵布都 藍との合同開催だからこそできる企画だと思ってます。
 地元北日本新聞の記事になりました。http://www.craft-ran.com/event/kiraku.JPEG

 今日のいでたちは、昨日寝押しした木綿の袷に草木染の袴です。 この袷はどんどん袖を通していろいろ試してみるつもりです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。