2002年12月22日

おすすめサイト その3

20021222174315.jpg いまは太陽暦ですが、旧暦は太陰暦だったことはみなさんご存じだと思います。 しかし江戸時代の時間の単位・一刻(いっとき)は現在の2時間だと思ってませんでしたか? 僕はてっきりそう思ってましたが、違うんです。
 日の出から日の入りまでを6等分した時間が1刻です。 つまり夏と冬、また昼と夜とでは1刻の長さが違います。 夏至の昼は1刻=約2時間40分、冬至の昼は1刻=約1時間50分、また夏至の夜の1刻=約1時間20分…と大きな開きがあるそうです。 これを不定時法といいます。
 明るいときに仕事をして、暗くなったら寝るというまことにエコライフな生活をしていたんですね。
 このサイトの特集「和時計の暮らし」に詳細に書かれています。 サイトもお洒落だし、内容も濃いのでおすすめします。   (クリックすると拡大します)
【マカロニアンモナイト】http://ammo.jp/index.html



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。