2003年02月01日

初老

20030201200226.jpg 元旦で数えの42、つまり初老を迎えました。 厄払いの意味を込めて親戚一同をお招きして宴会を開くのがならわしです。 が、都合により進物のみにさせていただくことになりました。 朝からお菓子と赤飯などを配り回ります。
 「初老ということは、『これからは自分の代です』と宣言して歩くことだから頑張りなさい」と言われて、心が震える思いがしました。
 またこの城端地区では、初老を迎える者たちが、記念になにかを奉納する習わしがあります。 協議の末、写真の「御簾(みす)」を奉納させていだくことにしました。 明後日に京都へ行くので下見してきます。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。