2003年04月07日

縁(えにし)

20030408151653.jpg ネットで知りあった市川散人さんが訪ねてくださいました。 3/30の日記で紹介した
【旅の途中】http://sanjin.jp/ というサイトの方です。
 別院で午後の法話を聞き、ゆっくり時間をかけて中を歩き回りました。 散人さんはこれで四度目の城端ですが、別院の中に入るのは初めてだそうです。
 御殿で郷倉千靭の襖絵を公開していたので、そこから見える「美の法門」に話がおよび、民芸運動の創始者柳 宗悦さんが千葉県市川市ゆかりの方だと知りました。 「繋がってる」ことが驚きです。
 いままで何回も掲示板でやり取りをしていましたが、直接お会いすると文字だけではわからない「想い」みたいなものが伝わってきます。 想像以上に包容力がありユーモアのセンスもある方でした。 僕はセカセカしているので、散人さんのように歳をとりたいものです。
 5月の曳山祭や7月の虫干法会にもお越しいただけるそうで、再会が楽しみです。

 写真は花まつりで白象の上に安置するお釈迦様です。 現在山門下にあり、甘茶をかけてお参りできます。 本堂にて甘茶をいただくこともできるんですよ。 自然の甘味が後からジワッときます、

人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。



posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。