2003年04月10日

郷倉千靭襖絵

20030410153743.jpg しだれ桜まつりの期間のみ一般公開ですので、まだご覧になってない方のために秘蔵の写真を公開しましょう。(クリックすると拡大) 二種類ある襖絵の片面(10枚組)です。
 仏手柑(ぶっしゅかん)と黒い鳥=叭叭鳥(ハハチョウ)が見事に描かれてます。 寺院内を案内してくださるお坊さんが手にしているのが仏手柑です。 柑橘類で甘い香りがします。

 ネットで知りあった若葉さんがきもの姿で遊びに来てくださいました。 とても嬉しいです。 古い羽織をつぶして半衿と帯揚、さらにバッグの一部に使っておられました。 ほんとうにきれいな色で良かったですよ。
 僕はグレー系の織木綿の袷に茶色の染木綿の袴です。 半衿と足袋も茶系で合わせてみました。


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。



posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。