2003年06月28日

「売ったらあかん」

20030628133315.jpg こころざしを売ったらあかん
 いのちを売ったらあかん
 自分を売ったらあかん

 岡部伊都子さんの詩です。 自由であるためには自分を正さなくてはこっけいだとおっしゃいます。
 恥ずかしながら今朝の新聞で初めて岡部さんのことを知りました。 記事を読んで涙が止まりません。

 2日前に城中の生徒がアンケートをとりに来ました。
◎平和とはなんですか?◎いま日本は平和ですか?◎いま世界は平和ですか?
 なんと答えたらいいと思われますか?
●戦争のないこと●いいえ(戦争のできる国へ向かっている)●いいえ(「違い」を認めあえる世界になってほしい)と僕は書きました。
「大人」の責任は大きいと思います。

 写真は6/24に自衛隊の演習が城端付近であったときの写真です。 夥しい数の隊員が店の前をトラックに乗って通っていきました。 訓練だと言い聞かせていても、心中は不安です。 近未来の映像を見ているような錯覚を覚えました。

 今日は白っぽい文人絣に薄手の木綿袴です。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。