2003年08月02日

城端小学校改築事業ワークショップ

20030802141530.jpg 「地域に開かれた学校」を目指して、現在地で新築される城端小学校(H18開校予定)では利用者(児童・教師・PTA・地域住民)の意見を取り入れて設計しています。
 「学と遊の空間」(もうひとつは「開放ゾーン」)担当委員になったので第一回のワークショップに参加しました。 4〜5人のグループに分かれて、様々な意見をポストイットで貼りだします。 出そろったところで分類し集約して、次回のテーマを決めました。 我々はAゾーン(普通教室群)で子どもたちが、学びやすく&学校に通いたくなるにはどうするか?を詰めていきます。(クリックで拡大)
 個人的にはシックスクールの問題だとか、プールでの有害紫外線問題とか気になるところはあるのですが…。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。