2003年08月15日

城端のお盆の過ごし方

20030816100417.jpg 城端のお盆の一日はとても長い。
 早朝5時から城端別院善徳寺で「お盆暁天講座」があるので、多くの方が参拝されます。
 また6時半からは「盆野球」が開催され、各地区からエントリーしたチームが優勝を争います。 西上西下混成チームは残念ながら二回戦で敗退しました。
 実はそれより早く、まだ暗いうちから「あんころ」を買う為に並んでる方々がいらっしゃいます。 お盆に「あんころ」+「どじょうの蒲焼き」+「ソーメン」は城端の定番メニューではないでしょうか?
 我が家は今年はおはぎにしました。 子どもたちに作らせたので大きさが様々ですが、楽しかったです。
 昼頃から地区によっては「レクリエーション大会」などがあります。 これらの時間をぬうようにして墓参りをするんです。 なんか忙しいでしょ(笑)
 どうしても時間のやりくりがつかなかった御家族はどうするかというと…夜にお墓に行きます。 子どものいる家庭では、花火をしたりして…。「墓場で花火」なんて城端だけの風習(?)ではないでしょうか?
 今日は縞の木綿に木綿に草木染めの木綿袴。 黒い麻の半襟は白絣入り、同じく黒い角帯は裂き織りです。 昨日に続いて寒いかと思ったけど、この姿ではちょっと暑かった…。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。