2003年08月22日

お寺で上方落語を聞く会

20030823124200.jpg 子どもたちを連れて、別院へ落語を聞きに行きました。 出演は仁鶴師匠の弟子の笑福亭仁智さんと孫弟子の智之介さんです。 今年3年目ですが、さらに沢山の人が入ってます。 この落語会も定着したのですね。
 初めての落語ですが、小五の長男に大ウケでとても喜んでいました。 上方落語は上品…とは言えないけど、頭を使わないと笑えません。 もっと生で聞かせてやりたいと思ってます。
 昨年8/25同様、演台を使っての日本一高〜い高座です。 智之介さんのお姿をパチリ。 落語だけではなく、本格的な手品と南京玉すだれの芸も見せていただきました。

 今日も暑いので麻の小千谷に薄木綿の袴。 辛子色の羅の角帯です。 本堂はとても涼しかったです。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。