2003年09月23日

おはぎを作る

27_1.jpg 今日は秋分の日、すなわち彼岸の中日です。 我が家では子どもたちと一緒におはぎを作りました。 「アズキはダラに煮させときゃいい」の格言(?)のとおり、我が家のあんこは抜群のできに! しかしながら、ご飯(もち米)がメッコで噛みしめて2度おいしいおはぎになりました。 きな粉とゴマも作ったので、写真はゴマを擂っているところです。
 ところで、おはぎとぼたもちの違いって知ってますか? てっきり、ちゃんとついたのがボタモチだと思っていたんですが、調べてみるとビックリ! ぼたもちは「牡丹餅」と、おはぎは「お萩」と書くのだそうです。 もともとは同じものですが、春と秋によって呼び名が変わるんですね。
 今日は片貝木綿に焦げ茶の木綿袴。 黒い角帯に薄黄色の半衿で。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。