2003年09月24日

小さな町

28_1.jpg 城端小学校3年生が商店街のことを勉強したいということで、67名を前に「城端にぎわい館じゃんとこい」で説明をしました。 「商店街は専門店の集まりで、大型店とはフットワークが違う」とか、「共同で売り出しや駐車場などを管理している」という話をしました。 また「様々な祭やイベントは商店の参加がないとできない」ということも伝えましたが、はたして理解してもらえたかちょっと疑問です。
 この世代の父兄のほとんどは、週末になると近郊の大型店へ家族揃って出ていってしまうので、商店街のことをあまりにも知らないのではないかと危惧します。
 顔見知りの人と挨拶して暮らせる町がどんなにすばらしいか気づいてもらえたらいいのですが…。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。