2003年09月30日

14歳の挑戦報告会

34_1.jpg 7月に中学生二人を預かった「14歳の挑戦」の報告会に顔を出してきました(7/8の日記参照)。 生徒達が体験してきたことをまとめ、発表し、講評するというのです。 学生のみならず、保護者や受け入れ先の事業所にも開催の案内を戴きました。
 個別の報告には間に合わなかったのですが、全体発表会やアンケートの集計結果は見ることができました。 それによると80%超の家庭で就業体験が話題に上り、55%の親が「体験中の子どもに変化がみられた」と答えています。 「ありがとうという言葉がでるようになった」というのが印象的でした。
 終業後も36%の生徒に変化が見られ「自分であれこれ考えて行動するようになった」そうです。
 来年も子どもたちを預かって、商売の楽しさや、人と人とのつながりの大事さを伝えていければ…と思っています。
【14歳の挑戦】http://www.craft-ran.com/14/
 今日は深緑のコサシルクに薄緑の木綿袴です。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。