2003年10月20日

恵比寿講

54_1.jpg 毎年10月20日は西上の恵比須講です。 曳山(竹田山)の御神像は恵比須さまで、年に一度黒い小さな恵比寿像をお祀りします。 以前は当日朝より専用の祠を建てていましたが、恵美須会館ができてからはこちらを使っています。 といっても準備はいろいろあるので、午後から集まって飾りつけをしました。
 写真の赤い提灯は各家に長男が生まれたときに奉納するものです、我が子のものもあります。 夜7時に城端神明宮より神主さんをお迎えして町内総出でお祓いを受けました。 いぜんは子ども対象に相撲大会や餅つきなどがあったのですが、近年途絶えています。
 きょうは定休の月曜日ですが、遠くからお客様がいろいろお見えになったのでその都度店を開けました。 もし月曜にお越しになっても家にいることも多いので、一度呼び鈴を押してみてください。
 木綿のきものに五寸帯の角帯をへたれ結びにしました。 半衿は明るい茶色に素足です。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81653977

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。