2003年10月21日

久留米絣の洋服展

55_1.jpg 2階ギャラリーで「久留米絣の洋服展」を開催しています(24日まで)。 久留米絣は日本を代表する木綿紺絣で福岡県久留米市一帯で織られています。
 寛政11年(1799)頃、久留米の井上 伝という12歳の女性が考案しました。伝は着古した藍染めのきものが古くなって色が落ち白い斑点になっているのに気づき、これをヒントに新しい織物を考えたのです。 古い着物を解いてみると糸が斑になってます、この糸と同じようにするために、伝は糸の所々を別の糸で括って染めることを思いつきました。日本の絣の始まりです。
 肌ざわりが良く、洗えば洗うほど柔らかくなり、また柄がくっきりと映えてきて、特に白い部分はより白くなります。 普段着には最適な素材と言えましょう。(クリックすると拡大)
 きょうは青い縞のウールに香色(こういろ)の半衿。 辛子色の角帯に灰汁色(あくいろ)の木綿袴です。
【和の色名】http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/wairo.html


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。