2003年10月27日

61_1.jpg 飯山にお住まいの高橋まゆみさんの人形展「故郷からのおくりもの」を見に松任まで往復しました。 季刊誌「銀花」で知って以来、会いたくて会いたくてたまらなかった、おじいちゃんおばあちゃんの人形展です。 期待以上に素晴らしく、ショッピングセンターの一角が別世界に変貌してました。
 しかし、楽しみにしていた人形展なのに会場に入った途端、家に帰りたくなりました。というのも、家で寝たきりになっている95歳の祖母の顔を思いだしたからです。 「人形に囲まれた懐かしい空間にもっといたい」と「早く帰って祖母の顔を見たい」という二つの気持ちが葛藤しましたが、「これで見納めかも…」という気持ちが勝って、結局1時間も長居しました(写真をクリックすると拡大)。
 同会場で86歳の記録映像作家、増山たづ子さんの「故郷」写真展も開催されていて、ダムに沈む徳山村の人々の日常生活をスナップしてました。 大人も子どももみんないい顔をしています。
 二つの作品展を見て、自分はあんなにいい表情をしているだろうか? と自問しました。 40年生きてきたけどあんな表情はできてないのが恥ずかしいです。
【高橋まゆみ〜創作人形の世界〜】http://www.1-light.com/dollart.htm


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。