2003年10月29日

田んぼの学校 その6 脱穀ともみすり

63_1.jpg 子どもたちが収穫した稲が干せました。 朝から学年総出で脱穀とモミすりをします。
 本でしか見たことが無い千歯扱(せんばこき)や足踏み式脱穀機。 さらに見たことも聞いたこともないゴミを飛ばす唐箕(とうみ)。 みなさん納屋に保管してるんですねぇ…ビックリ。 そして、もみすり用のすり鉢…と沢山の機材(?)が学校に集まりました。
 子どもたちは大喜びです。 それもこれも今回お世話いただいた6人の地域の先生方(おじいちゃん・おばあちゃん)のおかげです。 「生きる力」を学べる学校だと思います。
 写真は足踏み式脱穀機を使っている様子です。
【唐箕】http://www.jakodaira.com/Korenarni/002/newpage3.htm
 今日は大島の袷に黒に近い茶の半衿。 辛子の角帯に帆布の袴。 寒いので茶色の足袋を履きました。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81655986

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。