2003年10月31日

タペストリー・メッセージ展

65_1.jpg じょうはな織館1Fギャラリーで"TEXTILE EXHIBITION タペストリー・メッセージ展 "が始まりました(11月30日まで) 加藤祐子さん、小山三千子さん、下村好子さん、豊田栄美さん、藤本節子さん、山下郁子さんの6人の女性染織作家の作品展です。 山下さんは地元城端、豊田さんと藤本さんは富山、そして最初の3名は北海道の方です。
 大作が揃っていて、しかも作風がそれぞれ異なるので楽しめました。 写真は加藤さんの「雪解けの時」(W2000×H2250 ウール・モヘヤ・ラミー麻)です。 ご本人のコメントを引用します「白いウール部分はテクニックとしてはシャギー織です。動き出した雪を表してみました。ブルーからグリーンの糸の部分は、毎日見ている日本海の春のイメージです」
【じょうはな織館】http://www1.tst.ne.jp/ori/ (入場無料・水曜休館)
 今日は茶縞のウールに焦げ茶の半衿、黒の角帯に薄茶の帆布袴、茶の足袋に、茶色の鼻緒の右近下駄です。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。