2003年11月16日

腰巻箪笥

82_1.jpg 解体するお宅から母が腰巻箪笥をもらってきました。 嫁入り道具のひとつで、雑多なものを入れた長持(ながもち)なのでしょう。 腰巻を入れておくのにちょうどよい大きさで、語呂が良いので腰巻箪笥(こしまきだんす)と呼んでいます。 腰巻+Danceとは…微妙に妖しい組み合わせでしょ(笑)
 きれいに洗って、なにに使おうか思案中です。 とりあえず城端絹の紗張りの伊勢型紙を入れておくことにしました。 二階ギャラリーに常設展として飾っています。
 今日はネップの入った白茶(しらちゃ)の厚手木綿に橡色(つるばみいろ)の袴。 地紋の入った黒の半衿に鉄色の兵児帯、黒の繻子足袋に右近下駄です。
【和の色名】http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/wairo.html


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。