2003年11月27日

TVドラマときもの・帯

93_1.jpg 録画しておいた「月曜ミステリー劇場 恋する京女将音姫千尋の事件簿」をようやく見ました。 2時間ドラマの女王こと片平なぎささんが京都の置屋の女将に扮し、氷川きよしさんが演じる交番巡査と組んで、恋に推理に大活躍…。 まぁストーリーはともかく、出演者のきものと帯がなかなかいいんです。
 愛華みれさんが帯の染司を演じていたこともあり、お洒落な名古屋帯が沢山出てきます。 片平さんも常にきものを着ていて、センスの良いコーディネートを見せてくれます。 小物にも気を配っていて、いままでのTVドラマ(ほとんど衣装屋さんからのレンタル)とは別格でした。
 実はこのドラマにでてきた帯やきものや小物はすべてウチの仕入先数社が協力したものなんです。 写真の洒落帯もそうです。きれいに写せなくて残念ですが。
 撮影裏話なども聞いていたので、結構楽しめました。 ドラマをご覧になりたい方はビデオがありますのでお申し出ください。
 きょうは青縞のウールにチャコールグレーの木綿袴。 鉄紺の兵児帯に青鼠の半衿、自分で染めたソフトブラックの足袋。 襟元には半衿よりひと色薄いショールを巻きました。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。