2003年11月29日

きものでPTA研修会

95_1.jpg 井波町総合文化センターにて「父親を考えるフォーラム〜砺波地区PTA会長・母親委員合同研修会〜
男女共同参画社会における子育て」という長い名前の会議に出席しました。
 まず妻の恩師でもある蓑口勝美先生の基調講演を拝聴します。 「男女の共生だけではなく、老若の共生もないとまちづくりはできないんです」という主旨でした。 写真は蓑口先生、後ろ姿のイガクリ頭は砺波地区PTA連絡協議会長の才川昌一さんです。 才川さんは以前散居村についてディベートをしたときにご一緒にした方です。

★突然ですが蓑口先生からクイズ川柳 □の中に平仮名を入れてください
(1)子育てで 見つける□□の ありがたさ
(2)記念日を 言えぬ□□□よ 目を覚ませ
(3)真珠婚 未だ名もない 「□□」のまま
(4)あいさつは 笑顔でかける □□□から
     わかりましたか???

 分科会では「三世代の子育て」という難しいところに放り込まれ、最初は嫁姑の確執の話ばっかりでどうなることかと心配しましたが、司会者の手際も良くなんとなくまとまりました。 城端以外のPTAに出るのは初めてなので、どんな方が集まってるんだろう?と怖さ半分期待半分でした。 が、さすがみなさん地区PTAの要職に就いておられる方々だけあって納得できるご意見が多かったです。
 きょうは木綿袷に明るい茶色の半衿、グレーベースの裂き織りの角帯を低く結び、焦げ茶の袴に茶色の足袋、首には茶&黒のストールを巻きました。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。