2003年12月05日

なめこ自家栽培に挑戦

101_1.jpg 石川県白山麓吉野谷村のなめこ栽培ポット「庄右ヱ門のなめこ育ててみんかのう?」を戴きました。 大事に育てると何度でもなめこが食べられるという優れ物です。 暖かい部屋に置き、濡れた新聞紙をかけて乾燥にさえ注意すればいいらしい…。 見る見るうちに育って一回目の収穫ができました。
 しかし2回目…が育ちません。 どうも我が家は寒すぎてダメなようです。 というのは表向きの理由で、実は霧吹きを忘れてしまってました(^^;
 今日は厚手木綿に深川鼠の半衿、濃いグレーの木綿袴に裂き織りの角帯をへたれ結びにして、足元はソフトブラックに染めたナイロン足袋です。
【木滑なめこ生産組合】
http://www.ishikawashokokai.or.jp/yoshinodani/02kaiin/kaiin15/15main.html


posted by きよべ at 00:00| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。