2003年12月11日

出丸の工事状況

109_1.jpeg 出丸西側の拡幅工事がピークを迎えています。 このところ「たちまい(上棟式)」ラッシュで、とても活気があります。
 写真をご覧戴いてわかるように、切り妻型の屋根で、街並みに調和するようにほぼ景観を統一しています(クリックすると拡大)。
 出丸は山田川と池川に挟まれた馬の背台地で、17m幅の国道拡幅によりさらに後背地が無くなりました。 この奥行きの無い土地でも曳山祭りに合わせたまちづくりができるのです。 出丸のみなさんの思い入れに頭が下がる思いがします。
 きょうは小豆色のヒゲの紬に、騙し襦袢の半衿は深川鼠、細目に仕立てた煤竹色の木綿袴、灰色の足袋に、黒地に白の細い筋を織り込んで遠目にグレーに見える鼻緒の右近下駄、鉄色の兵児帯に茶色のストールを巻きました。
【和の色名】http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/wairo.html


posted by きよべ at 00:00| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。