2004年01月03日

つじうらの謎

137_1.jpg 砺波地方ではお正月に決まって「つじうら」を食べます。 きれいな色を付けたアメの中に占い(?)を書いた小さな紙が入っているんです。 我が家ではおみくじよろしく年の初めに命名が一つずつ食べる習慣になってます。

 僕は「当たりがいい」でした。 この短文では何が当たるのかさっぱりわかりません。 宝くじならいいけど、車だと嫌だなぁ…。 他のものは「たよりを待て」とか「主は柳に秋の風」などさらに意味不明(笑)

 千葉に住んでる弟は「向こうでは見たことないなぁ」って言うし、製造元は隣町の福光だからこの地方独自のものかもしれません。 ご存知の方は情報をお寄せください。

 きょうは雨模様…残念です。 いつものように木綿の袷に木綿袴を穿いています。 「カジュアルきものが欲しい」というお客さんがお越しになりました。 木綿でも紬でもいろいろ揃ってるところをお見せしたらとても満足してらっしゃったようです。 早急にどうこうではなくって、息の長いおつきあいができたらいいと思います。





posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。