2004年01月25日

草木染め裂織りのハーフコート

159_1.jpg 19日の日記で予告した裂織りのハーフコートが出来上がりました。

 黄色い部分はセイタカアワダチソウをアルミ媒染したもので、グレー部分は栗のイガを鉄媒染したものです。

 裏地は紗綾形(さやがた)地紋の白生地を同じくセイタカアワダチソウで染めました。


 モデル(母)が嫌がって顔出しはなりませんでしたが、なかなかいいでしょ?

 裂織りとはいえ素材が絹100%なので軽いです。 シワにもならないので重宝すると思います。



 きょうはグレー地に焦げ茶と生成糸を織り込んだ木綿袷に黒い裂織りの角帯、香色の半衿に茶色のストール、璃寛茶のごつい木綿袴に芝翫茶の帆布の道服(どうふく)裏は団十郎茶です。

 この姿で納品に行きました。 防水はしていませんが目が詰まってるので雪に強いし、濡れても平気です。

【和の色名】http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/wairo.html




posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。