2004年02月10日

町中を歩く

178_1.jpg 城端保育所は市街地中心にあります。
 町内どこからも近いので、ほとんどの園児が歩いて通う事ができます。
 残念ながら今春、城端さくら保育園に統合されて郊外へ移転してしまいます。 (昨年8/16と10/5の日記参照)

 ここは今町と呼ばれています、子どもの手を引いて通ったこの道にはたくさんの思い出が詰まっています。
 緩やかにカーブして、正面に見えるのは昔ながらの町並みです。
 元は大きなお屋敷でしたが、改修されて町史館蔵回廊として活用されてます。
 左手にちょっとだけ見えるのが「桂湯」さん。 泉麻人さんがコラムを書いてくれました。
【小さな城下町の銭湯】http://www.yunokuni.com/column/izumi.html

 こんな風に歩いて巡れる規模の町が大好きです。 車じゃきっと見落とします。
【蔵回廊の小路】http://www.craft-ran.com/shouji/hp/kairo.html

 今日は快晴なので、縹色の紬を着ました。 半衿は無難に紺、角帯は辛子、袴は消炭色、足袋は黒に灰色鼻緒の右近下駄、襟元には藍鼠のストールを。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。