2004年02月12日

まちなかに町営住宅

180_1.jpg 新町の厚生病院跡地に建設される町営住宅の形が現れました。(昨年の7/2・12/24の日記参照)
 曳山まつりに似合うように木造の2階建てで、国道の反対側にパティオを設け、東向きの日当たりの良い設計になってます。
 まず「人」がいないと始まらないので、町中でこのような住宅が供給される事は大歓迎です。
 新町は城端むぎや発祥の地なので、この広場を利用してのイベントなども考えられますね。

 きょうは暖かい!小雨と風で雪が見る見るうちに融けていきます。
 春も近いということで、厚手木綿の単衣を重ね着しました。
 下には茶縞のウールきものをタケノコ状に着込んでいるのでとてもヌクヌクです。
 角帯は黒、袴は薄茶の帆布、茶色に染めた足袋に右近下駄、ストールです。 

【店長のきもの日記 2003年7月】
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/200307.html
【店長のきもの日記 2003年12月】
http://www.craft-ran.com/cgi-bin/kimono/sfs2_diary/200312.html
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84461480

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。