2004年02月26日

祖母の死

194_1.jpg
 大好きな祖母が亡くなりました。


 昨日から呼吸が荒く常に誰かが傍に居るようにしていました。
 時折苦しそうな表情を見せていたのですが、昼から少し楽になったようにも思えました。
 午後2時50分に家族に看取られて眠るように息をひきとりました。 享年97歳、老衰です。

 覚悟していたとはいえ、まだ信じられません。

 たくさんの方が駆けつけてくださり、励ましの言葉を戴きました。
 また一緒に泣いてくださる方もいらっしゃいました。 「こんなに多くの方々に支えられているんだなぁ」…と、悲しさと嬉しさと寂しさと心強さが入り交じってます。

 桜の花を戴きました。 折れた枝を挿しておいたら咲いたそうです。
 なぜか祖母の姿と重なったので掲載します。



posted by きよべ at 00:00| 富山 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。